リトルカブのレストア始めました。まずはキレイにしないとね。


どうも、こんにちは!

前回記事に書いたリトルカブが届きました。

参考:静岡県の友人がシェアハウスに原付きバイク『リトルカブ』 を寄付してくれました。

ちなみにバイクの運送屋さんが物凄く丁寧な対応だったので宣伝しておきます(笑)

バイク輸送の「アイライン」という会社ですね。

バイクを運ぶ時はぜひ使ってあげてください〜。

とまあ宣伝はこれくらいにして、とりあえず届いたリトルカブの状態を確認します。
10

17

29

34

うん・・・汚い!(笑)

さすが2年以上放置されていた車両なだけはある(笑)

そして当たり前だけどタイヤの空気がない。

ベコベコになってます。完全に抜けてますね。

そしてこれも当たり前だけどバッテリーが上がってます。

一応キックは降りてエンジンの圧縮はありそうです。

アクセルも回るしブレーキを正常に作動してるように見えるが・・・どうだろう?

以前レストアしたジャズほどではありませんが、 こいつもなかなかレストアを楽しませてくれそうですね。

少なくともこのシートにはそのままで座りたくはないですねw

カビらしきものがたくさんこびり付いているので…。

金属部分やメッキ部分にはサビが出てきていますね・・・。

とにかくどこから手を付けていいのやら・・・

悩みに悩み、迷いに迷った挙句、「まずはキレイな状態にしよう!」と思い立ったので掃除道具を用意しました。

個人的にオススメ!古いバイクのレストアの時に使える道具はこちら。
35

家の掃除でも定番の「ボンスター」「激落ち君」です(笑)

この2つはバイクでも車でも使えます。

空き家活用をはじめ、DIY作業全般で使えるマルチプレイヤーですね。

個人的超おすすめアイテムです!

金属部分やメッキ部分に「ボンスター」を使います。

それ以外の部分に「激落ち君」を使ってやるといいですよ。

そして仕上げにこの「フクピカ」で拭いてやると更に仕上がりがキレイになると思います。
51
それでは作業開始!

まずは激落ち君でシートの清掃をします。

この時少し水を付けて、汚れに対してゴシゴシ擦ってやります。
58-1
ここで注意点なんですけど、シートのHONDAのロゴの部分は慎重にやらないと激落ちくんの破壊力でロゴが消えてしまいます!

逆にロゴを消したい人は擦りまくってくださいね(笑)

そんなかんじでロゴが消えないように気を付けながら擦ること10分程。
48
見違えるようにキレイになりました!

このシートなら安心して座れそうですね。

そして次は「ボンスター」でメッキ部分を擦りまくります。
(しまった、写真撮り忘れた!)

この時少しボンスターに水を付けて磨くのですが、サビの浮いた汚れた水が垂れてくるので、なるべく上の部分にあるパーツからやったほうがいいと思います。(そのほうが作業後の掃除が楽です。)

最後に「フクピカ」で全体を軽く拭いてあげると・・・。
37

29
いや〜、見た目だけは新車みたいにキレイになりましたね(笑)

でもまだまだ走れる状態ではありません。

おそらくガソリンが腐っているので、それを抜いてからキャブレーターの清掃をしてやらないといけませんね。

まあカブは整備しやすいほうなので多分大丈夫でしょう。

とまあ今日はこのくらいですかね。

日が暮れるのが早くなったので作業時間がなかなか取れないですねー。
03
まあ暇を見つけてコツコツとレストアしていくかな。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です